東京都内23区タクシーの初乗りが410円に値下げ!6.5kmは割高?

【PR】Daigoの恋愛メンタリズム

2017年1月30日から東京都23区他でのタクシーの初乗り料金が410円に値下げされました。

普段タクシーを使う事も多いので私にとっては非常に嬉しい事なのですが、

これって前と比べてお得になったの?それとも損なの?

という疑問が生まれたので今回新たに始まった東京都のタクシー運賃について、お得な使い方や料金方法などについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク







旧運賃と新運賃はココが変わった

国土交通省が定める所によると今回変更された部分は以下のような感じ

旧運賃

  • 初乗り料金が730円(2kmまで)
  • 以降280m毎に90円

新運賃

  • 初乗り料金が410円(1.052kmまで)
  • 以降237m事に80円

1.052kmってまた随分と半端な数字ですね。とりあえず1kmくらいの近場であればタクシーを使うと安いってのはわかったけどネット上で調べてみると

走行距離  
1.052km 新運賃の方が得
2km 全く同じ料金(730円)
~6.5km そんなに変わらず
それ以上 新運賃の方が損

となるようです。

つまり近くの移動であれば得をするが、遠出をするのであれば東京都のタクシーを使うと割高になるという結果になりました。

新運賃が適用される区域

今回の新賃金が適用される区域は以下の通りです。

東京都23区、武蔵野市、三鷹市

※八王子市や八丈島、小笠原島には新運賃は適用されません。詳しくは国土交通省のHPをご覧ください。

タクシー業界はかなり痛いダメージ

そもそも今回の料金改定のきっかけはタクシーの輸送人員の低下、そしてUberをはじめとする海外で盛り上がるライドシェア的な文化の波を意識した結果です。

初乗り料金が下がったおかげで近場の移動にタクシーを使う人の数は増えるだろうがタクシーの運転手からしたらたまったもんじゃないかもしれないですね。

初乗り料金による利用者が増えれば勿論時給換算で利益は減る。一日20件の乗客がいても全てが初乗り料金であれば稼ぎは8200円にしかならない(旧基準であれば14600円)。

それに普通に考えてタクシーの運転手は近距離での移動運賃による収益ではなく長距離で稼ぐのが一般的ですが長距離の料金も新基準の方が割高ですからね。

観光客やお年寄りへの需要はたしかに増えても、長距離のタクシー利用者が増えない限りタクシー運転手たちの未来は危ういかもしれません。

ただタクシー利用者として正直な意見を言わせてもらうと、今回の料金改定はかなりうれしいので私はこれから積極的にタクシーを使う事を検討しています

スポンサーリンク