お中元やお歳暮の際に絶対に知っておくべきルールよりも大事な事

色々な会社と付き合うようになって、お中元をもらったりお返ししたりする機会も増えました。

 

個人的には『なんなんだよこの悪しき習慣、さっさと無くなってくれよ』って思ったりすることもあるのですが、まぁ感謝を伝える意味でお互いにプレゼントを贈りあう関係も悪くはないとも思います。

 

でね、お中元やお歳暮って色々と細かいルールがあったりするんですよ。あいさつの仕方が変わったり、地域や企業ごとに違ったり、お中元は『夏を感じさせるもの』、お歳暮は『正月の食事に役立つもの』とか色々。

 

親しき中にも礼儀あり、これらを重要視するのもわかるのですが、慣習を重んじるよりも大事な事があると思うのです。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮の時に重要なのは『相手を思いやる事』

お中元は関東では「7月初旬から7月15日まで」、関西では月遅れで「8月初旬から8月15日まで」に送る、とか何日過ぎたら『暑中御見舞』じゃなくて『残暑御見舞』にするとか、そういう事も大事かもしれないけど、本当に大事なのはそこじゃあない。

 

一番大事なのは『送り先』の事をよく考えているかどうかです。思いやりのかけたプレゼントなんか貰ってもまったく嬉しくないのと同様、お中元やお歳暮も相手の事を考えて送らなければいけません。

 

あいさつのタイミングも文言も完璧だけど送られてきた品物が『うわぁ…いらねぇ』て感じのモノとかたまに送られてくると『あぁ、この人ウチの会社の事なんも考えてないんだなぁ』とか思います。

 

いかに送り先の会社や個人の状況を把握して完璧な商品選びをする事が重要です。これから例を挙げて説明していきます。

相手が法人の場合

基本的に送り先の相手が法人の場合、会社や付き合いにもよりますが、社長一人ではなく社員の方達に送ると考えた方が喜ばれます。

 

例えば、事務の女性社員が多くいるならば、女性が好みそうなスイーツやゼリー等を送れば喜ばれますし、社員が休憩中に食べられる菓子折りなんかもおすすめです。反対に業務中に飲む事が出来ないビールやアルコール類は送ってもあまり喜ばれないかもしれません(社長個人に贈るなら別)。

 

これは実体験ですが、ベンチャーや新進気鋭の若い会社にエナジードリンクや栄養ドリンクを送ったらかなり喜ばれました。あまり仕事で無理しないで欲しいものですが、リポDとかオロナミンCとかレッドブルあたりはかなり喜ばれますよ。

相手が個人の場合

相手が個人の場合、その個人がどんなライフスタイルを送っているのか知る必要があります。独身か既婚か、家族の有無、家族と同居しているのか別居しているのか、好きなもの、嫌いなもの、年齢、所得などなどあらゆる情報をかき集めましょう。

 

例えば独身男性や一人暮らしの方に油や洗濯用洗剤を送っても喜ばれない場合があります。これは僕の実体験なのですが、ある年のお中元に洗剤が大量に届き、普段クリーニングを利用している僕には全く必要が無く、結局知人や近所に配って回ったという話があります。

 

あと、よく油をいただいたりすることも多いのですが、さらに僕はオリーブオイル、ごま油、バターを使用するのでなたね油はほとんど使わないんですよね。年末に大量の数の子をもらっても食べきれないので要りません。

 

『そんなん知らねーよボケ』って思うかもしれないですけど、仮に僕のこういう状況を理解してくれた上で贈り物をしてくれるとしたら『ここは相手を思いやってくれるいい会社さんだなぁ、今後も仲良くしたいな』ってそれだけで思ってくれる事もあります。

 

これは去年の話ですが、既婚者ですが単身で東京に来てビジネスをしている方が居たのですが、お中元に彼の出身地の日本酒を送った時はめちゃくちゃ喜ばれました。

少しの思いやりで仕事も増える

これは実体験から言わせていただくので断言はできないんですがお中元やお歳暮をしっかり考えて送るとガチで仕事貰えるようになります。

 

もしかしたら僕の仕事っぷりを気に入ってくれただけかもしれませんが、細かな気配りはどんな場合でも仕事に繋がります。

 

異性を口説くときに相手の好みを一生懸命考えてデートに誘うのと一緒です。相手といい関係を築きたければきめ細やかな気遣いをして相手を口説き落とすのです。

 

そうすれば少なからずあなたの元にチャンスが舞い込むはずです。

お中元やお歳暮で相手に喜ばれる鉄板商品

法人であればその事務所の男女比と年齢層を見てスイーツにするか栄養ドリンクにするか決める事が多いですね。さっきもいいましたが会社に送る場合は社長さん一人というより社員を意識した贈り物の方がおすすめです。

 

次に個人ですが、これが結構むずかしいんですが。基本的には食べたり使ったりすればなくなる消耗品を送るんですけど、僕の経験上最も喜ばれたのは海鮮商品ですかねぇやっぱり。お中元やお歳暮の相場が3000円~5000円くらいなのでややお金かかりますけど笑

 

特に北海道のいくら、カニは季節を夏のお中元でも冬のお歳暮にもめちゃくちゃ活躍します。きらいな人ほとんどいないし。

 

高いのでここぞという時にしか使いませんが、見た目の豪華絢爛さとか、なんかめでたい感じがして『今までの感謝を伝えられている気がする』のでよく使うようにしています。

 

あと、これは僕が気を付けてる点なんですが、食べ物を送る場合は必ず一度自分で注文して食べてから相手に送るようにしています。そうする事で商品の良し悪しも判断できますし、相手にお礼を言われた時に『あそこの○○の○○がおいしいですよね!✖✖さんにも気に入ってもらえてうれしいです!』と話題を共有する事で距離が深まるのです。

 

このように、お中元やお歳暮ではしきたりやルールももちろん大事ですが、それより大事なのは『相手に感謝を伝える事』です。そこを疎かにしていてはルールもへったくれもありゃしません。

 

相手をしっかりリサーチするのはビジネスの基本ですし、贈り物をする事で自分が何をすべきなのかきちんと考えると良好なお付き合いをしていけますよ。

 

ちなみに僕が普段から使っている北海道の海鮮直送サービスは網走水産。40年の実績のある老舗だし、『カニはちょっと高すぎて買えないなぁ』という時はいくらやホタテ、新鮮な北海道野菜なんかも購入できるので使い分けられる所も良いですね。

 

いくらやホタテもかなり喜ばれます。他の所だと2万円くらい買い物しないと無料にならない送料が、網走水産なら1万円ですむのも嬉しい。送料って意外とバカにならないからね。お中元だけでなく、親に日ごろの感謝を伝える時なんかにも喜んでもらえますよ。

カニ、海産物中心にこの道40年超の実績がある網走水産

備考欄に記入すればお中元、お歳暮用の『のし』もちゃんとつけて発送してくれます。